ゆらゆらタンブラー



諦めずにずっとねばってティーカップを作っているのだけれど
前回更新したのがほぼ2ヶ月前だから・・・という現実に
がっくりする どんだけかかってるのと言わざるを得ない


途中、注文品作ったりオーダー品作ったりもあったし、、
忙しくて制作日を作れなかったし・・・ナドト言い訳してみても
現実は現実 恥ずかしい 情けない

先日、久々に今日こそはとティーカップに取り組んで
ひとつだけ少しはマシなものが出来たけど
それ以外の殆どは製作途中で もうコレはダメだなとわかる
そんな時 ちょっと遊び心で方向転換
形を崩して写真のようなタンブラーに仕上げてみた
お茶や水を入れると 不規則な凹凸が光をゆらゆらと通して
とても綺麗 氷を入れてロックグラスにするのもいい
ボコボコが妙に手にフィットして持っているのが気持ち良い
コレはコレでいいな

失敗から素敵なものが出来るのも楽しいけど
早く ティーカップも仕上げないと・・・な

ゆるさの形



爽やかな色でいろいろ作って 
つやつやジューシーなヘアゴムに

この日 本当はコレを作るつもりじゃなくて
このところ試行錯誤を繰り返していた
あたしとしては大きめ作品のティーカップを
今日こそは納得行くところまで持っていくぞうと
息巻いて出かけたのだったけれど

作業場に着いてみたら 肝心の酸素を発注し忘れていて
(製作では酸素ボンベでバーナーに酸素を送るのです)
ボンベには残りわずかな酸素しかなく
大汗必至と首には手ぬぐい 筋肉痛上等の覚悟で
来ていたのに拍子抜け

自分の大ぬかりに情けないやら 
今日こそは の気合いも行き場が無いやら
ああもう〜と思うものの 
しょんぼりしても仕方ないので
この日は酸素少なめでも出来るアクセサリー作りに変更

気持ちが前のめりじゃ無い分
ゆるゆると自由で楽しいものが出来たような気がする
この手の失敗はいつも情けないくらい多くて
もうちょっと成長しよう〜と 反省する反面
切り替えは上手なのかもしれないよ?と
肯定してみたり

ちょっとずつ成長したい 前進したいし
してるつもり・・・と思ってはいても
本当の本質はおばあちゃんになってもこのままかもな
とかとか思ったりしてるトコロ

祭りのあとの



今更感が凄まじいのだけれど
先日のcreema craft partyの事を少し

毎度そうで イベントは精神的に消耗する
自分で出ようと決めたくせに
なんでこんな晴れがましいとこ来ちゃったんだっけとか
周りの素晴らしい作家さんだとか お店の格好よさに圧倒されて
心臓縮こまって か、帰りたい と思う

で 夕方
数は少なくても 直接お客さんとお話しできた事とか
沢山ある中からあたしの作品を選んでくれた事とか
他の素敵な作家さんと心通わせる場面があったりとか
やっぱり欲しくてと 戻って来てくれたお客さんに感激したり
とかとかがあって
最終的には やっぱ来て良かったかも と思う
年甲斐もなく キラキラした気持ちになっていたりする

今回は 1日目だけの参加だったので
2日目はゆっくり見て回れたのだけれど 
質の高い作家さんが多くて欲しいものだらけだったな
作家さん自身楽しそうにしてる人が多くて
もっとあんな風に 柔らかく楽しめたらと改めて思う

何とかしてくれよと思うのは
次 機会があると また振り出しで
心臓縮こまって 他に圧倒されて 帰りたい・・・と
新鮮に思ってしまう 難儀でしょうがない

仕方ない こうやって面倒なあたしが作るものが
あたしの作品なんだろうし 
うまいこと付き合っていくしかない

写真はイベントとは関係ない
少し前に作った 春待ち色のブローチ

余談だけれど
その日の売り上げは いいお店でいいお肉を食べて
いいワインを開けて それで殆ど使ってしまった
ああ 素敵な1日だった




イベントのお知らせと懐かしい気持ち



最近の自分の中の流行りで蝶を色々作ってみたり

いつもは何かをモチーフに作るにしても
ちゃんと観察して作ることはあまりなくて
蝶に見えればいい 可愛ければいい
それでいい それがいい
そういう作り方をするのだけれど
今回はちゃんと観察して作ってみた
そうしたら デッサンを思い出して楽しかった
よく見るということは 作りを学ぶこと
ぱっと見だけでは見えていなかった事を知る事
そんな事思い出して懐かしい気持ちになった
もっと改善改善

お知らせをひとつ
1月30日(土)インテックス大阪で開催の
クリーマ クラフトフェアに参加する事に
急に決まったので大わらわ
ついでのある方は是非に
あたしのようなものが一緒に並んでよいものかと
思うような素敵な作家さんが沢山
あたしも楽しみ

オトナ色



先日ようやくお渡しできたオーダー品

粒はボリューム控えめで泡あわに
赤を含めたいろんな色で でも全体は渋めの色味に

色んな色を入れつつ渋い色味にするというのが
意外と難しかった
渋いと暗いは違うし 渋いと薄汚いも違う
自分の思う色味を気に入ってもらえるか

オーダーをいただくのは嬉しいけど
お渡しまでいつも不安で
でもめちゃめちゃかわいい〜と
言ってもらえると一気ににやにやと
とろけてしまう

あたしが彼女に似合うと思って作ったものを
本人も喜んでくれたら
ちょっとくらいの不安なんて飛んでしまう

いつもはお客様を綺麗にするお仕事の彼女が
プライベートな時間に 
嬉しい気持ちで付けてくれたら
想像して うふふとなる

+わたしについて+

lamne

Author:lamne
ラムネです。
耐熱ガラスで雑貨やアクセサリーを
のんびり作ってます。
あれこれグズグズしてしまう
ナマケモノデス。。
いっぽいっぽ頑張ります。

WEBSHOP
https://www.creema.jp/c/lamne
オーダー承ります。¥3500〜
hello.lamnecco@gmail.com

+menu+
+最近のこと+
+アーカイブ+
+コメント+
検索