スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然に

IMG_4995.jpg

ちょっとつなぎの記事

横浜ハンドメイドマルシェ。
どっきどきで出向いたのだけれど、蓋を空けたら
関東のお知り合いやお友達がサプライズで訪れるだけでなく
身内票いれてくだったり
文字通りの身内がはるばる足を運んでくれたりして
なんだかもう ありがたいやら嬉しいやら
申し訳ないやら
そんなこんなで緊張していたらあっという間に
一日は過ぎて行って 嬉しい出会いなんかもあって
充実したイベントでした。
わざわざ足を運んで頂いた方々、本当にありがとうございました。

つい先日、思わぬ方から思わぬお声がけをいただき
今日とっても不慣れで苦手で逃げ出したいような作業を終えた所
苦手な事をひとつ頑張ってこなすと ちょっと山を越えた気持ち

今はある人へのプレゼントを作成中なんだけれど
ああもう、うまく行かなくて
なんてあたしはヘタなんだろうと思う
うまく行かないといつも師匠が言いそうな台詞が浮かんでくる
いつも不思議に感じているんだけれど
師匠が言ってた事が 数年経ってようやく実感を持って感じる
そんなことがある
本当に出来の悪い弟子だけれど 絶対やめたりしない
その事があたしを あたしは大丈夫、そう思わせるんだろうな

酔っぱらいの徒然でした
エヘヘ
スポンサーサイト

2人の乾杯



年明け早々に出席したウェディングパーティー
ああいったパーティーに参加したのは久しぶりで
いいものだなあと改めて
新郎新婦が嬉しそうで 参加した人たちも皆嬉しそうで

日本酒が好きな新婦の為にぐい飲みをプレゼント
2人でおいしい日本酒を飲んでもらいたくて
そんなに強くない旦那さんは先に酔っぱらっちゃって
お嫁さんはケラケラ笑ってそのうち手酌
そんな幸せな絵を想像する

気の許せる友人なので 思い切ってでこぼこに炙ってみた
自分の得意な事で誰かを祝う事が出来るのは嬉しいこと



一年の終わりに

あっという間に大晦日

今年はあたしにとってものすごく大きな一年だったな
自分の作った作品が 自分や家族
親しい友達以外の人たちに見てもらえた
とっても大きな一歩を踏み出した年

のあのあさんに置かせてもらったり
師匠のお店に置かせてもらったり
手作り市に出店もさせてもらった
オーダーを受けるのも楽しかった

自分の努力とか勇気なんてほんのちょぴっとで
ほとんどは周りの応援してくれる人たちが
背中を押してくれたり 支えてになってくれたり
チャンスをくれたりしたその結果
感謝しかない
ありがとうございます

ようし 来年はもっと楽しく もっと嬉しく
あたしとあたしの周りの人と
あたしの作品を好きだと言ってくれる人が
にこっと笑ってくれるものを作る

作るぞう!

みいつけた

ワイングラス

やっとみつけたワイングラス


今年の春に行ったバルセロナと南仏を巡る旅行でのこと
特にフランスに入ってから 気になる事があった

”あ また あのグラスだ”

街角のビストロのようなお店でも
農家が営むのんびりレストランでも
通り沿いのオープンカフェ&バーのようなお店でも

決して高級じゃないけれど シンプルで美しい曲線と均整のとれた形
使い勝手のよい大きさに 適度な厚みと重みで
手にすっとなじむ安定感

ああ このグラスいいなあ
普段着のワイングラスにぴったり

帰国して 自分で思ってた以上に
あのグラスが印象に残ってるって 日に日に気づかされる
あのグラス あのかわいい普段着グラスが欲しい

機会あるごとに探してたものの メーカーも品番も分からない
頭の中にはっきりとあるそのシルエットだけが頼り

いつか出会えるかな 期待薄で何となく見たその時
シルエットに吸い込まれた  ”間違いない あの子だ”
嬉しくて即買い
ワイングラスではあるけれど お水やジュースを入れてもとっても素敵
それくらい気楽で でもエレガント

毎日の食卓が ちょっとるんるんになるってすごいことだと思う
嬉しい すごく


実は強化ガラスでできており 耐熱性にも優れていて
電子レンジにも使えるそう 偉い子!

かわいいるんるんグラスさん 我が家に仲間入り

例えばマッチのような

ペンダント

ちょっとおまけの回。

この街に移り住んでまだ間もない頃
たまたま雑貨&ギャラリーのお店を知って
一人のお休みの日に勇気を出して 訪ねてみた

一軒家のようなこじんまりとした 暖かい空間
人なつっこくて 優しい顔の 白いゴールデンレトリバーくん
置いてある雑貨も作品も
愛されてここにやってきたのだなと感じられて
すぐに ああ好きな場所だ と思った

その日のその時間 たまたまお店にはあたし一人
女性オーナーさんと話をすることができた
実はガラスをやっていること 結婚のゴタゴタが終わるまでは
しばらく休んでいることを話すと
『来年の夏までに うちのお店に置けるようにね 期待してるから』って

ぽっ。
心にあかりが灯ったのが聞こえた気がした
冗談でもすごく嬉しい 言葉ってすごいな

落ち着いてきて またガラスを始めて
あの日の言葉が頭をよぎる
いつか 本当にそんな日が来たら 渡したい
そう思いながら 彼女のイメージでペンダントを作った
それからおよそ半年

信じられない事に いつかは本当にやってきて
ペンダントを渡す事ができた

イメージにぴったり 

直子さんの雰囲気にも くったりとしたナチュラルな服にも
とても似合っていたな

とても とても嬉しかったな

そんなことがあったんだよ

+わたしについて+

lamne

Author:lamne
ラムネです。
耐熱ガラスで雑貨やアクセサリーを
のんびり作ってます。
あれこれグズグズしてしまう
ナマケモノデス。。
いっぽいっぽ頑張ります。

WEBSHOP
https://www.creema.jp/c/lamne
オーダー承ります。¥3500〜
hello.lamnecco@gmail.com

+menu+
+最近のこと+
+アーカイブ+
+コメント+
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。